コンユ出演のおすすめドラマ『トッケビ』や映画、最新作を一挙公開

おすすめ映画

韓国を代表する俳優の一人コン・ユ。40代を迎えてさらにいい感じになってきましたねー。これまでのコン・ユの出演作、そしてこれからの出演作についてまとめてみました。

コンユ出演のおすすめドラマって何?① ~20代の作品編

若い頃のコン・ユってどんな感じだったの?20代前半はノリのいいお兄ちゃんという感じでした。出演ドラマで追ってみましょう。184㎝の高身長&鍛え上げた肉体美をたびたび披露してくれることもありましたよ。

★乾パン先生とこんぺいとう (2005年)★

ラブコメドラマの女王、コン・ヒョジンとの共演作です。コン・ヒョジン演じる高校の先生に恋しちゃう生徒、パク・テインを演じています。問題児が先生に恋して変わっていくんですけど、その過程がめちゃ可愛いんです。キュンキュンしちゃいます。可愛いコン・ユを見たい方にお勧めです。

https://programs.sbs.co.kr/drama/myteacher/visualboard/60912?cmd=view&board_no=47

 

★ある素敵な日 (2006年)★

富豪の養女となっていた生き別れの妹を見つけ、だましてお金をとろうとするヤクザ者ゴン。お金持ちに引き取られ幸せになっていると思っていた妹ハヌルが、息苦しく生きている事を知ったゴンは次第に妹を思いやる気持ちが湧いてきます。すごく切ない物語で、OSTもいいんですよねー。若かりし頃のコン・ユの肉体美も拝めます。前半で珍しいコン・ユの長髪姿が見られます。髪型でだいぶんイメージが変わりますね。

https://www.pinterest.jp/pin/613545149211008874/

 

ちょっといつもよりワイルドなコン・ユです。でもやっぱりロン毛よりいつものほうがいいな…


コンユ出演のおすすめドラマって何?② ブレイクのきっかけ『コーヒープリンス1号店』

特技、テコンドー!男みたいな女の子コ・ウンチャンが、ひょんなことからイケメン店員ばかりを集めたカフェ『コーヒープリンス1号店』で働き始めます。コン・ユはその店の社長チェ・ハンギョル。お坊ちゃま育ちで自由気ままに生きてきたハンギョルとウンチャンが恋に落ちてしまうラブコメです。ハンギョルのツンデレっぷりがたまりません。

https://www.tvk-yokohama.com/annai/coffeeprince.php

日本語が上手なキム・ジェウクや映画『パラサイト』のイ・ソンギュンも出演していますね。当時日本でもイケメンばかり集めたカフェができたくらいフィーバーしていました。韓国のロケ地もカフェとして残っていて、しばらくはファンが殺到していたようです。うーん、でもやっぱり本家のコーヒープリンスたちのほうが100倍かっこいい!

このドラマの熱がまだ冷めやらない2008年、悲しい事故のニュースが飛び込んできます。ミニョプ役のイオンがバイク事故によって亡くなってしまったのです。まだまだこれからという俳優さんだったのでとても悲しかったです。続編も期待されていましたが、この事故で続編の話が流れたといわれています。実際はこのドラマの後にコン・ユも入隊してしまったので、そういった事情もあったのかもしれませんね。


コンユ出演のおすすめドラマって何?③ 代表作と言えばやっぱり『トッケビ』

そして『コーヒープリンス1号店』を上回るコン・ユフィーバーを巻き起こしたのが2016年のドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』です。

「キス職人」とか「キス王子」なんて言われてしまうコン・ユのキスシーンはこちら。

↓↓↓ キャー!

[arve url=”https://www.youtube.com/watch?v=n7ZzGpF-PE0&feature=youtu.be” thumbnail=”http://img.youtube.com/vi/n7ZzGpF-PE0/default.jpg” title=”Guardian : The Lonely and Great God” description=”은탁(김고은)은 기억을 다시 되찾고,” upload_date=”2017/01/21″ parameters=”https://youtu.be/n7ZzGpF-PE0″ /]

実はこの作品のオファーをコン・ユは5年も断り続けていたそうです。韓国のテレビドラマは撮りだめしてから放送するというスタイルではなく、撮ってすぐに編集して放送!というほぼ同時進行のスケジュール。しかも1話が日本のドラマより長かったり、週に2回放送されたりするので、一度ドラマの撮影に入るとものすごくタイトなスケジュールになってしまうんですね。身も心も削られるようなスケジュールで作るドラマより、映画のほうが自分に合っていると考えたコン・ユは、大作家キム・ウンスクからの依頼を丁寧に断り続けていたそうです。最終的にはOK!を出してくれたコン・ユ。キム・ウンスクの粘り勝ちですね!

このドラマで2017年の百想芸術大賞 ”最優秀男優賞”を受賞したコン・ユ。その授賞式での壇上のコン・ユはなんだかいつもの感じとは違って見えました。いつもは緊張していても落ち着いてスピーチをするイメージなのですが、この時の壇上では自分の本名を名乗り「受賞までの2年間がとても大変で、自分が何者かわからなくなってしまうこともあり、少し気持ちが弱っている。そんな自分へのエールとしてこの賞を受け取りたい。」とうつむき加減で必死に言葉を絞り出している姿が印象的でした。大スターになってもご両親への感謝を忘れないスピーチも感動的でした。映画やドラマのヒットの裏では本当に精神的にも大変な時期だったんでしょうね。



コンユ出演のおすすめ映画って何?① 実話をもとに製作されたショッキングな物語『トガニ/幼き瞳の告発』

ドラマでは「キス職人」なんて言われてしまうほど恋愛ものの出演が多いコン・ユですが、映画ではシリアスな役やアクションもこなしています。除隊後、しばらくスローペースで出演作を選んでいたコン・ユですが、復帰後第二作目の映画として選んだのが『トガニ/幼き瞳の告発』です。これは韓国で実際に起こった性的虐待事件を映画化したものです。コン・ユは入隊中にこの事件を題材とした小説を読み、自ら映画化への働きかけをしました。当初この小説を書いたコン・ジヨンはコン・ユの存在を知らず、友人にコン・ユのことを聞いたところ「コン・ユにこんな重い役ができるわけがない」と言っていたそうです。それでもコン・ユの熱心さに押され、彼がこの役を演じることへの不安はなかったと言っています。

https://movies.yahoo.co.jp/movie/342513/

2005年にこの事件が発覚し加害者が裁判にかけられたとき、最も罪の重い校長の判決は執行猶予付きの懲役2年6か月。ですが作家のコン・ジヨンがこの不当に軽い判決に納得がいかず取材を始め、小説化します。さらに2011年に映画が公開されたことにより、多くの国民がこの事実を知ることになりました。最終的には国をも動かし性犯罪者を厳しく罰するための法律が生まれたのです。その法律は小説から名前をとって「トガニ法」と名付けられました。のちに校長へは12年の懲役が言い渡される結果となりました。人気俳優が演じることによって広く国民にこの事件を広め、法改正にまでつなげることができたのではないでしょうか。この作品のあたりから、じっくり出演作を選んで出演するようになったような気がします。もしかしたら入隊中にいろいろゆっくり考える時間があったのかもしれないですね。


コンユ出演のおすすめ映画って何?② 大人の恋愛物語『男と女』

名前も知らない男女が異国の地で不倫の恋に溺れていきます。二人とも家庭があるにも関わらず、心の寂しさを埋めるために帰国してからも関係を続けますが、切ない結末を迎えます。今までにない大人の役で、最初はスタッフの間からも「結婚して子持ちで、自分の居場所がない男の役がコン・ユにできるのか」という声も上がっていたようです。カッコよくない、ちょっとダメな大人の部分も上手に見せています。

https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B0759QML6T/ref=atv_dp?tag=wakajps-22&language=ja_JP



コンユ出演のおすすめ映画って何?③ パンデミック系のお話かと思ったら…『新感染/ファイナル・エクスプレス』

『トガニ』や『男と女』とはまた違ったジャンルの映画にも出演しています。『新感染/ファイナル・エクスプレス』です。今このタイトルを見ると、まるでパンデミック系の映画かな?と思ってしまいますが、なんとこれ、ゾンビ映画です。すごい勢いで次から次へとゾンビが襲ってきます。登場シーンのほとんどが列車の車内。仕事人間で自己中心的だった男が、愛する娘を守るためにゾンビに立ち向かっていきます。この映画、コン・ユももちろんかっこいいんですが、「サンファ」というおじさんが男気溢れていてかっこいいんですよ!コン・ユ演じるソグとサンファが大活躍で涙も誘います。

© 2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.

当時、鉄道会社が撮影に協力的ではなかったそうで、美術スタッフは実際の車両を採寸して忠実に車内を再現したセットを作り上げたそうです。この映画が大ヒットしたのち、鉄道会社はその出来栄えに満足し「続編を作るときは協力します!」と手のひらを返したような態度だったそうです。

そしてこの『新感染』、とうとう続編ができました。『Peninsula(英題)』で今年公開予定ですが、日本での公開日はまだ決まっていません。ネタバレですが、前作でコン・ユはゾンビに身を捧げて死んでしまったので、続編には出演しません。


コンユ出演の最新作をチェック! 原作がヒットして映画化『82年生まれ、キム・ジヨン』『徐福』、そしてドラマは『静かな海(仮題)』とカメオ出演の『イカゲーム』

『新感染』の続編に出演しないからと言って悲しんではいけません。コン・ユはまた新たな役に挑戦し、今年その作品が公開されます。

その一つがこの『82年生まれ、キム・ジヨン』です。原作小説が大ヒット!ベストセラーになった小説の映画化です。日本でも書店で売り切れ続出し、一時期はなかなか手に入らないほどでした。こちらはうれしいことに日本での公開日も決定しています。10月9日から公開します。

「韓国の82年生まれの女性で最も多い名前」である“ジヨン”という名を持つ女性の、少女時代から結婚、出産に至るまでの人生を通し、韓国のジェンダー意識に関わる現代史や社会問題を織り交ぜながら、女性が負う重圧と生き辛さを紡いでいる。

この作品でコン・ユはジヨンの心優しき夫デヒョンを演じています。

http://www.msoopent.com/page/page.html?mcd=02&langs=ja&acode=S67307161&vimode=photo&page=2#lg=1&slide=0

 

そしてこの『82年生まれ、キム・ジヨン』のほかにもう一つの作品が控えています。『徐福』(仮題)です。クローン人間が出てくる物語だそうで、コン・ユはその中で国家機関のエージェントに扮しています。なんとなーくアクションもありだろうなということが想像できますが、案の定、撮影が終了したコン・ユは「とにかくきつい撮影だった」と言っています。韓国では2020年最大の話題作だともいわれています。日本ではいつ見られるのか、今からワクワクしてしまいます。

≫≫≫映画『徐福』についてはこちらもご覧ください。※随時情報更新中

まだまだありますよ!久々のドラマ出演が決定したようです。Netflixオリジナルドラマで『静かな海』というタイトルのドラマのようです。

NETFLIXオリジナルシリーズとして制作される「静かな海」は、世界的な砂漠化によって水と食料が不足している未来の地球を背景に、月に捨てられた研究基地に謎のサンプルを回収しに行く精鋭隊員たちの物語を描いたSFホラーです。

えぇ?今度はSFホラー?どんどんいろいろな役にチャレンジしていますね!待ち遠しいです!新しい情報が入ったら、またアップしていきますね。

そして7月に新たな情報が入ってきました!カメオ出演になりますが、Netflixの新しいドラマ『イカゲーム』に出演することが決定したそうです。すごい変なタイトルのドラマですよね。ざっくり言うと人生の負け組たちが繰り広げる多額の賞金がかかったサバイバルゲームらしく、日本で言うと『カイジ』みたいなドラマなんでしょうか。どんな役で見られるのか楽しみです。でもこんなに出演作が目白押しで、ファンとしては嬉しいけどお疲れじゃないかちょっと心配…

 

★おまけ★

コン・ユ出演のMVもあります。カッコいいコン・ユを堪能できますよ!

[arve url=”https://www.youtube.com/watch?v=4GW7xwZkDsY&feature=youtu.be” thumbnail=”http://img.youtube.com/vi/4GW7xwZkDsY/default.jpg” title=”MV KIM DONG RYUL(김동률) _ How I Am(그게 나야)” description=”MV KIM DONG RYUL(김동률) _ How I Am(그게 나야)” upload_date=”2014/09/30″ parameters=”https://youtu.be/4GW7xwZkDsY” /]

いかがでしたか?

コンユのプライベート情報については別記事で紹介しています。良かったらこちらもお読みください。 ≫≫≫コンユのプライベート情報

最後までお読みいただきありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました