『コウラン伝始皇帝の母』(NHKBS)のキャスト・声優・感想まとめ

中国ドラマ
https://www.imdb.com/title/tt9632208/mediaviewer/rm525376001

2020年5月10日からNHKBSプレミアムで放送予定だった華流ドラマ『コウラン伝 始皇帝の母』。コロナ禍の影響で放送延期になっていましたが、いよいよ9月27日午後9時から放送スタートです!中国の時代劇って豪華絢爛ですよね。

『コウラン伝始皇帝の母』のあらすじ紹介★全何話あるの?

趙の検閲官の娘、李皓鑭(リコウラン)は名家の娘でありながら継母の策略で奴隷として売り飛ばされてしまいます。リコウランはそこで商人の呂不韋(リョフイ)に買われ、趙で人質として生活している秦の国王の孫の嬴異人(エイイジン)に贈り物として差し出されます。エイイジンは高貴で落ち着きのある人ですが、腹の中では王位奪還を虎視眈々と狙っている結構計算高い人です。リョフイはリコウランの美しさに目をつけ、彼女を教育して利用します。リョフイは自分の人生観をしっかり持っており、いろいろなことに気を配り、思慮深く動く人なんですね。最初は目的のために彼女を利用していたリョフイでしたが、次第にリコウランと気持ちを通わせ、二人は恋仲に。エイイジンとリコウラン、そしてリョフイの三角関係も描かれていきますが、ライバルでありながらお互いを必要とする、そんな三人それぞれの思いをどう表現しているのかも見どころです。

本国、中国で放送されたこのドラマはなんと全62話!中国や韓国の歴史ドラマって本当に話数が多いですよね!とはいっても、日本の大河ドラマも40~50話くらいあるので、やはり歴史物は掘り下げるとそのくらいにはなってしまうんでしょうか。

本来62話あるこのドラマですが、NHKでの放送予定はなんとその約半分の34話!これはもちろん話の途中で終了してしまうわけではなく、日本での放送用に編集されているからのようです。それにしてもNHKは約半分をカットしてしまうだなんてずいぶん思い切ったことをしますね。ただこのドラマ、中国で放送されたときは「ちょっとダラダラしている感じがする」とか「描写が単調だ」、「1シーンが長い」という感想もあったようなので、これは編集して短くスッキリさせたほうが、もしかしたら見やすくなるのかもしれません。

おそらく放送スケジュールの都合でこれだけカットしなければならなかったのだとは思いますが、ストーリーが分かりづらくなってしまっていないか、ちょっと気になるところです。飽きっぽくて話数の多いドラマを見るのが苦手な私にとってはちょうどいいですが。


『コウラン伝始皇帝の母』がNHKで放送開始!キャストの紹介

ではキャストを紹介します。

★李皓鑭(リコウラン) 演:呉謹言(ウー・ジンイエン)★

https://www.imdb.com/title/tt9632208/mediaviewer/rm3939278081

リコウラン演じる呉謹言(ウー・ジンイエン)は『瓔珞 エイラク 〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜』や『金枝玉葉~新たな王妃となりし者~』にも出演していた中国の人気女優です。バレエをしていたというだけあって、動きがとっても優雅なので時代劇にキャスティングされてることが多いのかもしれませんね。「お姫様」って感じでキラキラしていて華のある、そして気の強そうな感じの女優さんですね。

 

★嬴異人(エイイジン) 演:茅子俊(マオ・ズージュン)★

https://www.imdb.com/title/tt9632208/mediaviewer/rm2462883073

人質の身であるとはいえ、嬴異人(エイイジン)は王子様ですよね。茅子俊(マオ・ズージュン)は王子様にピッタリな感じがしませんか。上品で優しそうな感じですよね。「中国時代劇のF4」なんて呼ばれているそうですよ。この作品、マオ・ズージュンはまさにハマり役!と言われています。どこか憂いのある、日本でも人気が出そうなイケメンっぷりですね。

 

★呂不韋(リョフイ)  演:聶遠(ニエ・ユエン)★

https://www.imdb.com/title/tt9632208/mediaviewer/rm4023164161

地位と権力を得るために、エイイジンをサポートする呂不韋(リョフイ)。歴史上の有名な人物ですよね。リョフイを演じる聶遠(ニエ・ユエン)の落ち着いた雰囲気によく合うキャラクターですね。ニエ・ユエンは「中国の四大スター」の一人と言われているくらい知名度も人気も、そして実力もある俳優です。現在42歳と、ほかの二人よりちょっと年上ですが、落ち着いた感じがいいですね。



『コウラン伝始皇帝の母』吹き替え声優紹介

NHKで放送されるにあたって、メインキャスト3人の吹き替えをする声優さんについても調べてみました。

李皓鑭(リコウラン)の声を担当するのは声優の中村千絵(なかむらちえ)。アニメ『NARUTO -ナルト』の春野サクラの声で有名ですね。映画やドラマの吹き替えではキルスティン・ダンストやエイミー・アダムスの吹き替えをしています。中村千絵さんの声は凛とした透明感のある声ですよね。ルックスも人気の声優さんです。

秦の国王の孫、嬴異人(エイイジン)の声を担当するのは声優の平川大輔(ひらかわだいすけ)声がイケメンで『Free!』や『School Days』など普段はアニメ界で活躍していますが、オーランド・ブルームの吹き替えも担当しています。「優しいイケメン」という感じの声は正に高貴なエイイジンにピッタリではないでしょうか。

そしてリコウランと恋仲になる呂不韋(リョフイ)の声を担当するのは声優の東地宏樹(とうちひろき)。初めての外国映画の吹き替えが『アンナ・マデリーナ』主演の金城武の吹き替えだったなんて、もうイケボイス決定じゃないですか。ほかにも『プリズン・ブレイク』で主演のウェントワース・ミラーの吹き替えもしています。声優界ではベテランで「若い人から年配の人まで、幅広い年代の吹き替え表現ができる」と表現力に定評のある声優です。男らしく、それでいて優しさも感じる声ですね。



『コウラン伝始皇帝の母』見た人の感想まとめ

中国でコウラン伝を見た人の感想をまとめてみました。

『瓔珞』とキャストが被っているので、頭の中でストーリーが混ざってしまって混乱する。

なるほど!じゃあ、『瓔珞』を見た後すぐに『コウラン伝』を見ないほうがいいかもしれないですね。

日本では韓流ドラマばかりなので、華流ドラマが放送されるのは嬉しい!これを機に華流ドラマファンが増えればいいな!

日本で放送されてきた中国のドラマって韓流ドラマと比べると、やはり数が少ない印象ですよね。そして中国ドラマって歴史物がすごく多い印象です。「中国4000年の歴史」ですもんね。これを機に現代もののドラマも見る機会が増えるといいです。

後半がちょっとダラダラしている感じがして残念。

これは62話が34話分に編集されちゃうので大丈夫かもしれないですね。

次から次へと災難に巻き込まれ、理不尽な目に会いながらもそれに屈さないところ。そしてリコウランと彼女の美貌に心奪われた二人の男性との展開が面白い。

強く賢い女性が生き抜くドラマは見ていて気持ちがいいです。そしてリコウラン、本当に美しいです。

やはり中国のドラマはセットの豪華さがすごい!

特に(中国の)歴史物のドラマや映画のセットは本当に豪華でスケールが大きいですよね。衣装や装飾品もきらびやかで絵的にも見ていて飽きないです。衣装は何と4000以上も用意されたそうですよ。


『コウラン伝始皇帝の母』予告動画はこちら

[arve url=”https://www.youtube.com/watch?v=Rnavyv4hJv4″ thumbnail=”http://img.youtube.com/vi/Rnavyv4hJv4/default.jpg” title=”海外ドラマ コウラン伝 始皇帝の母 | みどころ紹介 | 9/27(日)放送スタート!| NHK” description=”放送予定や詳しい情報は番組公式ホームページへ 海外ドラマ「コウラン伝 始皇帝の母」” upload_date=”2020/09/04″ parameters=”https://youtu.be/Rnavyv4hJv4″ /]

始皇帝の母リコウランは一般的には悪女と言われることが多いですが、このドラマでは強く生き抜こうとする一人の女性として描かれています。歴史に詳しくない人でも楽しめるエンターテイメント作品になっているそうですよ。

いかがでしたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました