2021年最新韓国映画『ワンダーランド』でコン・ユとパク・ボゴムが再共演!

最新映画

映画『レイトオータム』以来9年ぶりにキム・テヨン監督がメガホンをとる新作映画『ワンダーランド』。豪華キャストが話題になったこの映画は、昨年制作が発表され2021年に公開するのではと言われています。

2021年公開予定、韓国映画『ワンダーランド』のあらすじは?

映画『ワンダーランド』のあらすじ

すでにこの世には存在しない愛する人たち。

「会いたいけれどもう会えない」そんな切ない思いを抱く人々が足を踏み入れたのは仮想世界を提供する『ワンダーランド』。

人工知能を使った『ワンダーランド』のサービスを利用し、ある者は植物人間になってしまった愛する人と、またある人は亡くなった夫とビデオ通話で語り合う。

つかの間の再会だったが、予期せぬバグが発生し危険にさらされていく。

監督は映画『レイトオータム』のキム・テヨン

監督・脚本を手掛けるのは、映画『レイトオータム』のキム・テヨン。

『レイトオータム』ではヒョン・ビンとタン・ウェイの刹那的な関係を描き高い評価を得ました。

今回の『ワンダーランド』はSFファンタジー的な要素が盛り込まれた仮想世界を舞台にした物語です。20代、30代、40代のカップルのそれぞれの想いをどのように表現していくのでしょうか。


2021韓国映画『ワンダーランド』のキャストが豪華!兵役中のパク・ボゴムとペ・スジは20代カップル役で共演

20代のカップルを演じるのは兵役中のパク・ボゴムと女優のぺ・スジです。

植物状態になってしまった彼氏と仮想世界のビデオ通話でどのように語り合うのでしょうか。

パク・ボゴムは入隊前にかなり精力的にいろいろな作品制作に参加していたのがよくわかります。

映画『徐福/SEOBOK』ではこの作品でも共演するコン・ユと共演。

そして入隊直後に放送開始したドラマ『青春の記録』。

兵役中にも関わらず、それを全く感じさせない露出度がうれしいですねー。

ぺ・スジも女優として大活躍していますね。

去年のドラマ『スタートアップ~夢の扉』も良かったですが、個人的には『VAGAVOND』の続編が見たいです。


2021韓国映画『ワンダーランド』のキャストが豪華!コン・ユとチョン・ユミが再び40代夫婦役で共演?

2019年の話題作『82年生まれ、キム・ジヨン』で現代の悩める夫婦役で共演したコン・ユとチョン・ユミが共演します。

また夫婦役?

いえ、今回コン・ユは亡くなった40代の夫役ですが、チョン・ユミは「ワンダーランド」のエージェント役だそうです。夫婦役ではないんですねー。

コン・ユは最近『82年生まれ、キム・ジヨン』、『SEOBOK』とここのところは映画に積極的に出演している印象です。今年は久しぶりにNetflixでドラマに出演するようで、40代に入ってからのコンユをたくさん見られるのがうれしいです。

チョン・ユミは美人なのに普通の人の役をしていてもスーッと入ってくるというか、女優としてすごくいいポジションを築いているなーと思います。どんな役でもできる女優って感じですね。


2021韓国映画『ワンダーランド』にはそのほかにもタン・ウェイやチェ・ウシクなど豪華キャストが出演

映画『レイトオータム』で主演を務めた香港の女優タン・ウェイもまたこの作品に出演しています。

監督のお気に入り?

それもそのはず、キム・テヨン監督とタン・ウェイは前作『レイトオータム』をきっかけに交際がスタートし、2014年に結婚。2016年には二人の間に女の子が誕生しています。オシドリ夫婦として有名なんだそうです。

今回コン・ユの妻役となるのがタン・ウェイなんだそうですよ。

そして、映画『パラサイト』で世界的にも知名度の上がったチェ・ウシクも登場!

チェ・ウシクはチョン・ユミと同じくエージェント役で登場します。

カナダ育ちのチェ・ウシク。

英語もできて幅広い役がこなせる俳優なので、これから世界進出するのでは?なんて勝手に期待しています。


2021韓国映画『ワンダーランド』の撮影は終わっているの?公開日はいつ?Netflixで配信されるって本当?

2019年6月には主演のパク・ボゴムのキャスティングは決定し、その後2019年のうちにチェ・ウシクやタン・ウェイと次々キャスティングが決定しました。

当初は2020年の3月にクランクイン予定だったそうですが新型コロナの流行の影響で延期。翌4月にクランクインしました。

撮影は主に坡州市と全州市の映画スタジオで行われたそうです。

無事に2020年9月にクランクアップしましたが、2021年1月にタン・ウェイの出演部分を追加撮影しました。

韓国と中国では2021年下半期に劇場公開し、そのほかの国ではNetflixで配信されることが決まった。」という一部報道もありましたが、現在のところ公式発表はされていません

2021年6月にはカンヌ映画祭の映画バイヤー向けプレ上映会に出品されたそうですから、韓国と中国以外の公開についてはやはりまだ決定には至っていないのかもしれないですね。

いかがでしたか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました