チョスンウの出演ドラマ&映画情報★ミュージカル出身で歌が上手い

俳優

ドラマ『秘密の森』のシーズン2がいよいよNetflixで10月11日から配信スタートします。今回は主演のチョ・スンウについて調べてみました。

チョ・スンウはドラマ『秘密の森』で第54回百想(ペクサン)芸術大賞テレビ部門男子最優秀演技賞

ドラマ『秘密の森』では「昔受けた脳の手術により、感情を失った検事」という難しい役どころを演じたチョ・スンウ。この作品は大変高く評価され、第54回百想(ペクサン)芸術大賞(韓国のゴールデングローブ賞)でドラマ大賞を受賞。そしてチョ・スンウは男子最優秀演技賞を受賞しました。

検事ファン・シモクという人の洞察力の深さ、そして周りから「ない」と言われていたかすかな感情表現の演技がお見事でした。共演のぺ・ドゥナとの距離感もすごく良かったです。あぁ、またこのドラマ見たいな!と思っていたら、うれしいことに本国韓国で8月20日から『秘密の森シーズン2』の放送が開始日本でも10月11日からNetflixで配信スタートします!

[arve url=”https://www.youtube.com/watch?v=qr9BfFdET7c” thumbnail=”http://img.youtube.com/vi/qr9BfFdET7c/default.jpg” title=”秘密の森 シーズン2 | ティーザー予告編 | Netflix” description=”検察官と警察との権力抗争の中、シモクとヨジンは複雑に絡み合った事件を追いながら 暗い秘密を暴いていく” upload_date=”2020/08/10″ parameters=”https://youtu.be/qr9BfFdET7c” /]

ペ・ドゥナの髪がロングになってるー!

ちなみに『秘密の森』シーズン1はニューヨークタイムズの2017年国際テレビドラマTOP10にも選ばれたそうですよ。


チョスンウはミュージカル俳優として有名!歌も上手いし、演技力もずば抜けて高評価を受けている

『秘密の森』では感情表現の非常に少ないクールで理論派の検事ファン・シモクを演じたチョ・スンウですが、実はミュージカル俳優としてのキャリアのほうが長く、これまでにもミュージカルでたくさんの賞を受賞しています。

[arve url=”https://www.youtube.com/watch?v=dU8K1MuXn24″ thumbnail=”http://img.youtube.com/vi/dU8K1MuXn24/default.jpg” title=”Jo Seung Woo – This Is The Moment (Jekyll and Hyde’s)” description=”(Jekyll and Hyde’s)” upload_date=”2019/01/02″ parameters=”https://youtu.be/dU8K1MuXn24″ /]

百聞は一見に如かずですね。過去に何度も賞を受賞した『ジキルとハイド』のワンシーンです。映画やドラマでとはまた違った印象ですね。声量がすごいです!

2001年にはNHKでも「今韓国で最も注目されているミュージカル俳優」として取り上げられたほど、大学在学中からすでに実力を認められていました。2000年にデビューして、わずか1年で他国のメディアにも取り上げられるほどだなんて、アイドルや人気ドラマに出演している若手俳優とかならわかりますが、ミュージカル俳優としてですよ。しかもNHK!チョ・スンウの実力の高さがうかがえます。


チョスンウの父は歌手チョ・ギョンス、姉もミュージカル俳優。父親とは不仲?

歌の上手いチョ・スンウですが、彼の父は韓国で有名な歌手なんです。そして姉チョ・ソヨンもまたミュージカル界で活躍している女優さんです。実はチョ・スンウがミュージカル俳優になったきっかけは、姉の舞台を見て衝撃を受けたことに始まります。引っ込み思案で人前に出るのが苦手なチョ・スンウでしたが、姉の舞台を見て自分もミュージカル俳優になることを心に決めます。その後檀国大学演劇映画科に進み、大学在学中の2000年に映画デビュー。同年にミュージカル俳優としてのキャリアもスタートさせました。

内気な青年だったチョ・スンウは、最初のころは舞台に立つときに緊張して大変だったそうです。後にこのように述べています。

「舞台に立ちながら性格も直しました。初めは公演直前になるとすぐトイレに行きたくなるし、逃げだしたくなった。でも実際に公演が始まるとある瞬間、緊張が解けて芝居をしている自分を見つけるんです。自分でも感心しながら胸の中で熱いエネルギーがこみ上げてくるのを感じます。今出ている公演でも同じです。内気な自分が公演を通じて変わってきたように、自分の知らない観客が、私の公演を見ていい方に変わってくれたらいいと思っています」

努力に努力を重ねて築き上げた今のキャリアなんですね。

また、父、チョ・ギョンスは韓国で有名な歌手なのですが、チョスンウの小さい頃にはすでに妻とうまくいっておらず、まだ3歳だったチョ・スンウはじめ家族を残し、一人アメリカへ行ってしまいました。中学時代に一度戻ってきて一緒に暮らしていた時期もありましたが、その時に「もう一つの家族」を残して韓国に戻ってきた父親に嫌悪感を抱いたそうです。そのためチョ・スンウと父はいまだにギクシャクした関係のようです。お父さん、ひどいですね。長くうつ病に苦しんでいたという話もありますが、だからと言って家族を巻き込んで好きなようにやっていいわけがないですよね。


チョスンウの性格は?結婚はしているの?

1980年2月20日生まれのチョ・スンウは現在40歳。若い頃から落ち着いた雰囲気なので、もうすでに結婚しているような感じがしますが、まだ独身です。自分が育った家庭環境が影響して、結婚には慎重になっているというチョ・スンウ。これまで噂になった人が数名いますが、どの人とも結婚には至りませんでした。

2004年から交際していたのは女優カン・へジョン。彼女のことを”そばにいるだけで僕に強い存在感を与える”と形容し、周りへも交際をオープンにしていましたが3年で破局してしまいました。その後、女優チョン・リョウォンやアイドルグループSecretの元メンバー、ソナと交際の噂が流れましたが、どちらもすぐに否定しています。やっぱりお父さんがトラウマになっているんでしょうかね。チョ・スンウなら絶対にお父さんのようにはならないと思うんですが…


チョスンウ出演のドラマや映画でおすすめは?

2000年に映画『春香伝』でデビューしたチョ・スンウは、その語長くミュージカルや映画を中心に活躍していました。『春香伝』は残念ながら酷評を受け、その後しばらく来たオファーには成人映画などもあったそうです。ですが実力の高さはすぐに周囲に認められるようになったんですね。次々にたくさんの作品に出演していきます。ドラマのオファーもずいぶん前から来ていたんだそうですが、ドラマデビューは2012年の時代劇『馬医』となります。それまでドラマのオファーを断ってきたのは、韓国の連続ドラマの制作方法が理由にあったようです。韓国のドラマの撮影は大変ハードなことで知られていて、視聴者の反応によって脚本が書き換えられることはしょっちゅうあるし、撮影も放送直前まで行うこともしばしばあることで有名です。ですから、映画に出演することはあっても、ドラマへの出演は長く断っていたそうです。

そんなチョ・スンウが世界的に注目され、数々の賞を受賞した映画が作品が『マラソン』(2005年)です。実話をベースにした作品で自閉症の青年が大好きなマラソンを通して周囲の人とつながっていく物語です。この演技が本当に自閉症の役者が演じているの?と思うほどうまいです。そしてマイノリティーが生きていくことの大変さ、社会の荒波の前に立って必死に息子を守る母の愛情に本当に涙涙です。

2003年にソン・イェジンと共演した映画『ラブストーリー』もおすすめです。チョス・ンウの「普通っぽい見た目」が逆にいいですねー。2世代に渡るラブストーリーが美しく語られています。

2018年のドラマ『ライフ』はイ・ドンウクと共演した医療ドラマです。チョ・スンウが演じるは病院経営をするためにやってきたク・スンヒョ。信念をもって仕事をしている姿は『秘密の森』のファン・シモクに通づるところもありますね。『秘密の森』と同じくイ・スヨンが脚本を担当したということで、見ごたえのある医療ドラマになっています。

 

いかがでしたか?

『秘密の森 シーズン2』が今から楽しみです♪

最後までお読みいただきありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました