ユテオは韓国人?Wiki風プロフィールと出演作まとめ

俳優

野生美さえ感じられる男らしさ、流暢に英語とドイツ語を話せるという知性まで。

今、韓国では、俳優ユ・テオに熱い視線が注がれています。

そんな気になるユ・テオのこと、早速、調べちゃいました。

ユ・テオのWiki風プロフィール。身長と出身地は?気になる経歴は?

ユ・テオのプロフィール

芸名:ユ・テオ 유태오/劉台午/ Teo Yoo

本名:キム・チフン 김치훈/Kim Tschi-Hun

生年月日:1981年4月11日(39歳)

国籍:韓国

出身地:ドイツ・ケルン

身長:181cm

学歴:Lee Strasberg Theatre and Film Institute (ニューヨーク)
Stella Adler Studio of Acting (ニューヨーク)
Royal Academy of Dramatic Arts (ロンドン)

まず、目を引くのは、ドイツのケルンというユ・テオの出身地。実は、彼の両親は、1970年代にドイツに派遣された労働者だそうです。

1960年代~1970年代、当時の韓国政府は、経済発展のための外貨獲得のため、西ドイツとの間で「韓独労働者採用協定」を結び、労働者をドイツに派遣していました。ユ・テオの両親も、その時に派遣された労働者の一員となるわけです。

そのため、彼らの息子であるユ・テオもドイツで生まれ、高校までドイツに在住していたそうです。

次に注目されるのは、ドイツでなく、ニューヨークとロンドンで学校を卒業したこと。

実は彼、元々もバスケットボールの選手であり、選手としては高くない自分の身長をカバーしようと猛練習。しかしそれが原因となり、両膝の十字靭帯がともに損傷し、その夢を諦めたそうです。

そこで、2001年、リハビリについて勉強するために向かったのがニューヨーク。ただしそこで、彼は偶然「演技」に接してハマり、それ以来、ニューヨークとロンドンで演技の勉強をはじめたそうです。



ユ・テオは結婚している?

そして、ユ・テオがそのニューヨークで出会ったのが、韓国出身の写真家かつ映画作家であるニッキ・S・リーです。ユ・テオは

「ニューヨークのレストランでアルバイトをしていた頃、休みの時間に、可愛い女の子が歩いてきた。私のタイプの女性であった」

と、彼女に一目惚れしたそうです。

その後、ドイツ育ちの韓国人というユ・テオ自らのアイデンティティーを、彼女が理解してくれるなど、二人の関係は急接近。2006年、結婚に至ります。ユテオの足首には、その最愛の妻の名前が、タトゥーとして刻まれています



ユ・テオの映画出演作『LETO』

それでは、そんな人としても、役者としての魅力的なユ・テオの作品を紹介したいと思います。

まずは、カンヌ国際映画祭でサウンドトラック賞を受賞した、ロシアとフランスの合作映画『LETO』です。本作でユ・テオは、韓国系ロシア人(高麗人)としてロシアの伝説的なロック・ミュージシャンとなったヴィクトル・ツォイ役を演じました。

自分と同じく、韓国をルーツに持ちながらも海外で生活をしていた役だからなんでしょうか。ユ・テオは、ヴィクトル・ツォイ役をとても素晴らしく演じ、カンヌ国際映画祭の男優主演賞候補にノミネートされました。

ユ・テオのドラマ出演作『アスダル年代記』

韓国版『ゲーム・オブ・スローンズ』とも言われる、tvNドラマ『アスダル年代記』。ユ・テオにとっては初ドラマとなる本作で、彼は、新しく想像された種「ノェアンタル」の代表格人物・ラガズ役を演じました。

虎に近い「野生」を表現することが重要な本作のために、ユ・テオは、虎や獅子のドキュメンタリーを多数観てその特性を研究するほど、自分の役に情熱を見せます。実際彼自身も、

「自分の内面にある野生を、人に見せる感覚であった」

と、自分の演技に満足感を示しました。



ユ・テオのドラマ出演作『バガボンド』

旅客機の墜落事故に隠された、巨大なる国家の不正を暴くという内容のSBSドラマ『バガボンド』。本作でユテオは、飛行機テロリストのジェローム役を演じました。

ドラマの始まりとなるテロを行う人物であるという大役。ユ・テオはその大役を立派に演じ、劇の緊張感を高めることに成功しています。

そしてその活躍は、韓流ファンの間で「シーンスティーラー(scene stealer。主演ではないが、強烈な印象を残した人)」と称されるほどでした。



ユ・テオのドラマ出演作『マネーゲーム』

「金融スキャンダル」を題材とした、SBSドラマ『マネーゲーム』。大ヒット芸能「明日はミスター・トロット」と同時間帯という悪条件もあり、視聴率こそ振るわなかったものの、マニア層からは大変好評を得た作品です。

ユ・テオは、韓国系アメリカ人であり、ハゲタカファンド・バハマの韓国支社長である「ユジン・ハン」を演じました。強くてストレートな本役割について、ユ・テオは、「強さとストレートさで隠したい内面があるキャラクター。その内面を表すことに集中した」と、その多面的な魅力を引き出そうとしたそうです。

そのおかげでしょうか。視聴者からは、「セクシーな悪役」と称されるほど、高い評価を得ました。

まとめ

韓国では、最近あまり登場してこなかった「男らしいイケメン」タイプのユ・テオ。

2021年にも、日本とドイツの合作ドラマ「The Window」への出演が予定されているなど、今年も、彼の「男気」は、大活躍しそうです。

そんなユ・テオの活躍を、みなさんもぜひお楽しみをください!



コメント

タイトルとURLをコピーしました